Skip to content
Pembroke
ペンブロークについて
ポートフォリオ
取り組み
ニュース
Mobile menu. Hit enter to open the mobile menu and then use tab to cycle between nav items and hit enter again to visit the link
News

BPDAがコモンウェルス・ピア計画を承認

ボストン計画開発庁(BPDA)理事会は、コモンウェルス・ピアにあるシーポート・ワールド・トレード・センターの再生を承認した。

このプロジェクトは、ボストン・ハーバーへのパブリック・アクセスを拡大し、新鮮なアメニティ、活気ある小売店、新しい一流シーポート・ホテルのイベント・スペース、フィデリティ・インベストメンツが一括賃貸するユニークでフレキシブルなワークスペースなどを提供し、新たなウォーターフロント・デスティネーションを創出する。 2020年に着工し、2024年には満室となる予定だ。

デザイン&開発担当上級副社長のアンドリュー・ダンクワース氏は、次のようにコメントしている:「数年にわたる計画と設計作業の後、コモンウェルス・ピアの活性化に向けて新たな一歩を踏み出すことができ、私たちはわくわくしています。コモンウェルス・ピアの再活性化に向けて、新たな一歩を踏み出すことができることに興奮しています。私たちのプロジェクトは、この象徴的な建物に新たな息吹を吹き込み、より多くの人々を桟橋に招き入れ、公共空間のプログラミングと相まって、ボストンでも他に類を見ないウォーターフロント体験を作り上げるでしょう。”

地域貢献のハイライト

  • 25,000平方フィートのオープンエアの公共ハーバープラザで、屋外イベントや通年のアクティビティに対応するための造園、座席、プログラムがある。
  • エプロンの拡張と、建物の外周に切り取られた5つのニッチ・スペース、新しい座席、照明、文化的なサインを特徴とする景観の良いハーバーウォークへの更新により、ウォーターフロントへのパブリック・アクセスが大幅に改善された。
  • 接岸エリアの拡大、発券・待ち行列エリアの拡大、屋根付き待合所の新設など、海上の利用を保護・保全し、水上輸送施設を改善する。
  • コモンウェルス・ピアに将来ウォーターシャトル乗り場用のドックスペースを追加し、海上交通のハブとしてのピアの役割をさらに拡大する。
  • 象徴的なヘッドハウスの新しい通り沿いの店舗コロネード内に45,000平方フィートの店舗を建設し、既存の搬入ドックの撤去、歩道の拡幅、新しいカーブサイドのドロップオフゾーンなど、シーポート・ブルバード沿いの歩行者体験の充実を図る。
  • ヘッドハウスの上層階にあるパブリック・テラスは、屋外ダイニングを提供し、近隣と市を見渡すユニークなビューポイントとなる。
  • 全く新しいシーポート・ホテルのボールルームとイベント施設は、再活性化されたヘッドハウス内と隣接する一流の屋内・屋外スペースを備えています。
  • 約3,000平方フィートのスペースは、定期的に地域団体が無料で利用できる。
  • シーポート地区と非営利地域グループの回復力調査への貢献
  • 建物や敷地に気候変動への適応策や改善策を取り入れることで、ボストン市のレジリエンス(回復力)目標を支援する。
  • LEEDバージョン4ゴールド認証を目指す先進的な持続可能性対策

プロジェクトの範囲には、既存のコモンウェルス・ホールを取り替えることで、よりアクセスしやすく、関連性の高い公共のウォーターフロント・アメニティを実現することが含まれており、これには約170,445平方フィート(約9,840平方メートル)の新しく強化された屋外公共スペースが含まれる。 このプロジェクトは、本質的には変革をもたらすものではあるが、大幅な密度や高さを追加するものではなく、歴史的な起源と商工業のウォーターフロントのルーツを尊重し続け、重要でユニークな建築資源を保存し、シーポート地区の継続的な成長と進化を補完するものである。

2月、私たちはコモンウェルス・ピアの活性化に関するプロジェクト届出書(PNF)を提出した。 コモンウェルス・ピアの土地を所有するマスポート社とともに、私たちは許認可のプロセスを通じて州や地元の関係者、IAGと緊密に協力してきた。 このプロジェクトでは1,000~1,500人の新規建設雇用が見込まれており、建設サービスの調達における多様性と包括性に関する市と州のガイドラインに準拠する。

コモンウェルス・ピア(ボストン

Latest news

Pembroke updates

Find out the latest news from Pembroke from across the portfolio.
Read More
Read More
Read More
Read More

Get in touch with our expert advisors today